未分類

周りの家が綺麗になったので仕方なしに外壁塗装

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の順に耐久力が上がります。

フッ素系塗料は耐久性に優れ、太陽の光、風雨の影響を最も受けやすい、屋根に使われることが多いです。

現状外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、お値段と耐久性のバランスが良いコスパが優れたシリコン系塗料となっています。

外壁に使用されている素材によって、湿度に弱いものもあります。

年中、直射日光を浴びることによる外壁、屋根表面の温度上昇を遮る遮熱効果により夏の冷房効果の効率を上げ、断熱効果のあるものと併用することで冬場の室温も安定します。

世に出てきてまだ歴史の浅い光触媒塗料や、セラミック樹脂を用いた塗料などは、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに、勝手に流れ落ちてくれるというセルフクリーニング効果のある塗料が登場しました。

塗装により防水性を上昇させ、しかし現在、投資対象としての意義が大きくなっている。

雨漏りを防ぐ役目をします。

仮想通貨は、日本においては、法的には改正資金決済法(2017年4月施行)で定義されている。

透湿性が重要です。

通貨ではないことが明記されている。

夏は冷房効果を、冬は蓄熱効果を高める働きです。

遮熱効果のあるものと同時に使うことで効果を高めることができます。

外壁工事では、クラック(ひび割れ)や前の塗装剥がれ等を程度に合わせて、下地塗装よりも前に補修します。

あまりに劣化が進んでから、塗替えを施工する場合、外壁よりも内部が腐食していることもあり、部分的に壁を剥がして補修するようなこともあります。

外壁の内部にまでダメージが行く前に、少し早めの塗替えを検討すべきです。

家の外壁で最も多い失敗は、メンテナンスの時期を間違えたことで生じる、外壁よりも内側へのダメージです。

メンテナンスを怠ったために、外壁のダメージだけでなく、内側の壁本体にまで劣化を及ぼす現象です。

このような状態にまで進行すると、外壁塗装以前の問題で、内側の壁本体の部分的な修繕が必要になることが多いです。

定期的なメンテナンスをして、外壁を保護することで外壁自体の劣化を防ぎ、建築物を長く美しく維持することになります。

外壁自体のクラック、壁自体の劣化が見えたり、またチョーキング(手で触ると白い粉が付く)が起こっていたり…このように損傷がある状態で放置期間が長引くと、外壁を伝って水分が壁本体に浸透してそれが雨漏りの原因になったり、外壁のダメージだけでは済まず、内側の壁まで劣化します。

早めに塗り替えることで、経済的である場合が多くなります。

外壁工事は、事前に複数の施工業者に見積もりを依頼し、概ねの相場を知っておくなど、計画性が大事です。

失敗に陥りやすい最大の要因は、相見積もりを取らずに、外壁塗装を着工してしまうことです。

同じ品質の工事をもっと安く出来る業者がいるにも関わらず、高い外壁塗装になってしまうことが多いです。